【野生の王国】ケニア、タンザニア、ザンジバル、東アフリカ縦断 その1

僕が子供のころ、ひいじいちゃんが好んでよく見ていた「野生の王国」というTV番組がありました。番組の主な内容は、世界各地の動物の生態系について、映像とナレーション、専門家の解説を交えて紹介するというものでした。僕もいっしょになって熱心に見ていました。特に、獲物を求めてアフリカのサバンナを疾走するチーターの姿が、スマートで、格好良くて、印象的だったのを記憶しています。

大人になり、社会人として自由に使えるお金を手に入れたところ、「ブラウン管越しに見た映像を生で見たい!」という衝動に駆られました。ブラウン管越し、って古いけど趣深い表現ですね。今だったら何越し?モニター越し??

2002年に行ってきました。

 はじめに

航空券は、前回同様アクロスで手配(現在はHISに吸収合併)。今だったらスカイスキャナーSkyticketなどでサクッと取れますね~

宿は決めずに現地で見つけることに。今だったらAgodaExpediaなどでサクッと取れますね~

当時一番安かったのが、以下の経由便。

往路
成田→シンガポール:シンガポール航空
シンガポール→ドバイ→ナイロビ:エミレーツ航空

復路
ダルエスサラーム→ドバイ→シンガポール:エミレーツ航空
シンガポール→成田:シンガポール航空

SQとかEKとか格安航空券感があまりありませんね。でも東アフリカ行きはこれが一番安かったんです。エミレーツ航空がまだ日本に就航していなかった時代です。

ガイドブックは地球の歩き方。より詳細な文字情報が欲しい方はロンリープラネットもありますね。

当時はありませんでしたが、今ならWifiレンタル
しておくとスマホで地図が見れるので便利ですよね~

あと、楽天プレミアムカードに申し込んでプライオリティパスを取得しておくと、海外空港ラウンジを使用できるのでおススメです。

ナイロビ

往路、どちらの機材も快適。順調にナイロビ着。中心部にある安宿でほっと一息後、ナイロビ散歩。

東洋人、少ないので目立ちます。華僑など、東洋人はいないことはないのですが~治安もあまり良くないようなので、手ぶらで緊張感をもって歩きます。夜は本当に襲われる可能性があるらしいので、出歩かないようにしました。宿併設の旅行代理店でサファリをアレンジし、四駆でマサイマラ国立公園へ。同乗者はドイツ人家族4人(父、母、子供2人)。

 グレートリフトバレー。大地溝帯。

地理で学んだ地形が目の前に広がり、感動。学校で教わる教科では地理が一番好きで、家のTV台の中には地図帳が置いてあって、TVで知らない都市や地形がでてきたら、その都度地図帳を広げていたような子供でした。

道中、幹線道路沿いに現れるキリン。なかなか贅沢。マサイマラが近づいてきたことを実感します。

マサイマラ国立保護区

マサイマラ到着。寝床はテント。シャワーが錆くさいのはご愛嬌。

4泊5日のサファリです。

「ブチッ、ブチッ」と、くちばしで肉を食いちぎる音が聞こえてきます。

ライオンが僕たちの乗っている四駆に近づいてきました。

熱い息遣いが聞こえてきます。

チーターは木陰で休憩中。

2列目:画像・文章などをここに

「野生の王国」で見た世界が目の前に広がります。

【野生の王国】ケニア、タンザニア、ザンジバル、東アフリカ縦断 その2に続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です