楽天プレミアムカードがあればプライオリティパスを使って海外の空港ラウンジが利用可能に

お金があまりなくても勢いがあれば海外旅行が楽しかった学生時代。。。

月日が流れ社会人となり、多少お金を使ってでも快適に海外旅行を楽しみたいなあ、と思っているみなさんは結構いらっしゃるかと思います。フライトを時間帯の良い便にしたり、宿泊先をちょっと良いホテルにしたり、現地でちょっと高級なレストランへ行って美味しいものを食べたりetc.

とはいえ、あれもこれもと欲張ると、結構出費がかさみますよね。。。
かしこい消費者として、できるだけリーズナブルに快適さを追求できればうれしいですよね!
そんななか、僕が「これは特に費用対効果が高くてお得だぞ!」と実感しているのは、ある方法を使った空港ラウンジの利用です。
と言っても、なにも高額なビジネスクラスの航空券を購入して空港ラウンジを利用しているわけではありません。

楽天プレミアムカードを持っていれば、海外の空港ラウンジが無料で利用できるプライオリティパスが付いてくるのです。

はじめに

楽しい海外旅行、行き帰りの空港で出発までの待ち時間や、経由地でのトランジット時間など、意外と空き時間ができたりしますよね。そんなとき、空港のラウンジでゆったりコーヒーやビールを飲んだり、食事をしたり、シャワーを浴びたりできたら、リフレッシュできて良いですよね~

一見、エコノミークラスとは無縁に思える空港ラウンジですが、楽天プレミアムカードがあれば、世界1,200か所以上の空港ラウンジを使用できるようになります。

楽天プレミアムカードがおススメな理由

プライオリティパスで海外空港ラウンジが利用可能

楽天プレミアムカードに申し込むと、「プライオリティパス(PriorityPass)」というカードを無料で発行することが可能となります。

この「プライオリティパス」があれば、なんと世界1,200か所以上の空港ラウンジが利用可能となるのです。楽天プレミアムカードの年会費10,800円(税込)を負担するだけで空港ラウンジ使いたい放題。

すごく便利でお得ですよね!

普通に正攻法でプライオリティパスの会員になろうとすると、下記のように年間のラウンジ利用回数などに応じて年会費が変わってきます。

年に10回は空港ラウンジを無料で使えるスタンダード・プラス会員が約25,000円、いつでも無料で使えるプレステージ会員になると年会費は約40,000円です。しかし、楽天プレミアムカードを持っていると、このプレステージ会員のプライオリティパスを無料で発行できますので、年会費10,800円(税込)で海外ラウンジが使い放題になるということですね。

空港ラウンジを普通に利用すれば1回につき3,000円はかかることを考えれば、行き帰りの空港でそれぞれ1回ずつ利用するだけで年会費の半分以上は「元が取れる」計算になります。

また、例えば年2回旅行するとして、行き帰りの空港でそれぞれラウンジ利用すれば2×2=4回、経由便だったら経由地でも往復それぞれラウンジ利用すれば(2×2)+(2×2)=8回。ラウンジ利用回数はこのように計算されますよね。

つまり、年2回程度の旅行で、直感的には年会費全額の「元が取れる」イメージではないようでしょうか。

注意
ただしプライオリティパスを持っていない同伴者には3,000円の利用料金がかかるので注意。

なお、プライオリティパスが無料で付いてくるクレジットカードには以下のようなものもありますが、どちらも年会費が21,600円(税込)かかるので、海外空港ラウンジ目的なら楽天プレミアムカードが今のところ1番お得です。

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エクスプレスカード

国内空港ラウンジが利用可能

楽天プレミアムカードがあれば、国内の空港ラウンジも利用できます。海外の空港ラウンジほどの豪華さはありませんがソフトドリンクは飲み放題で、飛行機の離着陸の様子などを眺めながらゆっくり搭乗時間を待つことができます。

ちなみに、2016年9月1日から年会費2,000円で国内の空港ラウンジは無料で使える楽天ゴールドカードの発行が始まりました。国内への旅行や出張が多い方にはこちらも便利なカードですね。選択肢が広がりました。

海外旅行保険が自動付帯

楽天プレミアムカードは持っているだけで自動的に海外旅行保険が付帯されます。

補償内容も十分なので、海外旅行保険に加入しなくてもいいと考えれば、日程や行き先にもよりますが、数千円はコストカット可能となります。

現地で盗難などのトラブルにあったり、怪我や急病で病院のお世話になった場合に、海外旅行保険に入っていないと思わぬ高額出費が必要となる可能性が出てきます。よって、海外旅行保険が自動付帯されているカードを1枚は持っておいたほうが何かと安心かと思います。

ちなみに、通常の楽天カードの場合、海外旅行保険を適用させるためには、出発前に航空券やホテルなどの支払いを楽天カードで決済しておく必要があります(”利用付帯”と言います)。

楽天ポイントがザクザク貯まる

楽天プレミアムカードは普通の楽天カードの上位版にあたるクレジットカードですので、様々な点でより多くのベネフィットを享受できる可能性があるカードとなっています。

楽天カード・楽天ゴールドカード・楽天プレミアムカードの比較
特徴楽天カード楽天ゴールドカード楽天プレミアムカード
年会費(税込)無料2,160円10,800円
ポイント還元率1%1%1%
SPU還元率3%5%5%
空港ラウンジ
プライオリティパス
海外旅行保険利用付帯利用付帯自動付帯

普通の楽天カードと大きく変わるのは、SPU還元率、空港ラウンジ・プライオリティパス、海外旅行保険のところですね。

このうち、空港ラウンジ・プライオリティパス、海外旅行保険については、そのメリットについて上記で説明したかと思います。

SPU還元率について、楽天プレミアムカードでは、楽天市場でカード決済をするとポイントが4%増える(通常ポイント1%+追加ポイント4%=合計5%)という特典があります。
さらにお誕生日月には+1%などの特典もあるようなので、ふだんから楽天市場で買い物をするという方ならよりポイントを貯めやすくなりますね。

プライオリティパスを実際に使ってみた

出張や海外旅行の際にプライオリティパスを実際に使用して、下記の海外空港ラウンジに入ってみました。

空港ラウンジ備考
仁川MATINAホテル系列のラウンジで食事が美味しい。
ダイニングメインなのでソファ席は少ない。
仁川SKY HUBゆったりとしたソファ席あり。
金浦休(HUE)出国前エリアの吹き抜けに位置し開放感あり。
金浦SKY HUB2017年に新設されたばかりでピカピカ。
台北桃園PLAZA PREMIUMちょっと古くてくたびれた感じあるも、
座席数が多くスペースに余裕のあるつくり。
香港PLAZA PREMIUM食事が美味しい。
便利な場所にあるので、混雑する可能性あり。
マカオPLAZA PREMIUM利用客が少ないので、ゆったりのんびりできる。
BKKCIP Loungeシャワールームあり。
ゆったりしたつくりで、のんびりリラックスできる。
KULPLAZA PREMIUMシャワールームあり。
食事も美味しいので、混雑する可能性あり。
SINAMBASSADOR
TRANSIT
シャワールームあり。
(ほか、使用可能なラウンジが10か所ぐらいあり)

どこも快適でストレスなくゆったりと過ごすことができましたよ~

特にソウル(インチョン)、バンコク、シンガポールなどは空港が大きくて上記以外にも使用できるラウンジが豊富にあるので、時間に余裕があるときにラウンジをはしごしてみても面白いかもしれませんね。旅行の楽しみがひとつ増えるのは、うれしいことです。

空港ラウンジではゆったりとしたソファーやイスに座れて、コーヒーやビールが飲めたり、簡単な食事やおつまみを食べられたりできます。また、シャワールームや仮眠室、パソコン作業ができるデスクや無料のWi-Fiまであったりします。

国内の空港だと搭乗までの待ち時間が短いので、あまり空港ラウンジの必要性を感じませんが、海外の空港ではトランジットや深夜便などで、どうしても2〜3時間は空港で待たないといけない状況が発生したりするんですよね~

そんなときに空港ラウンジを利用できれば、みなさんストレスなくゆったりと過ごすことができますよね。

おわりに

もし、プライオリティパスを持っていない場合、海外ラウンジ利用で往復6,000円、それに海外旅行保険を別途払った場合は数千円はかかります。
よって、年に1、2回でも海外へ旅行や出張に行くみなさんなら、楽天プレミアムカードを手元に持っておくメリットは十分にあると思います。

▼楽天プレミアムカードの詳細はこちらから▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です